交通事故と増額事由

慰謝料は、加害者の態度などによっても通常よりも多く支払われる場合があります。それはどのようなケースなのでしょうか。慰謝料が増額となる例としては、無免許運転、居眠り運転など加害者に大きな過失がある場合、 次にひき逃げ、救護活動を行わなかったなど、加害者が不誠実な態度である場合などで増額できる場合があります。また、交通事故被害がきっかけで離婚になってしまった、妊婦さんが流産してしまったなどの場合なども増額事由になります。

具体的なケースでは、交通事故で子供が亡くなってしまったケースがあります。しかし、加害者の謝罪はなく、それに加え事実を隠すような供述をしていました。これにより、両親が精神的に苦痛を味わったとして、基準額の3割り増しの支払いが認められました。このように、加害者の不誠実な対応により精神的な苦痛が大きい場合、増額事由となります。ですから、加害者の態度に納得がいかなく、精神状態に悪影響が与えられるような状態の場合、増額できるかなど相談しましょう。

事故に遭われた方の精神的苦痛は計り知れません。ですから、当サイトで紹介した慰謝料増額のポイントを押さえて慰謝料請求をし、適正な慰謝料をもらうようにしましょう。