交通事故と慰謝料

交通事故の被害は、ある日突然その身に降りかかります。交通事故は避けようとして避けられるものではありません。ですから、誰しもが交通事故被害者になり得ます。交通事故が起き、怪我してしまった、後遺症が残ってしまった、車などが壊れたなどの様々な被害に遭う可能性があります。そのような場合、重要になってくるのが慰謝料をはじめとする損害賠償金です。当サイトでは交通事故被害にあったときの慰謝料請求などについて紹介しています。

はじめに、慰謝料とは精神的苦痛に対する賠償の事を指します。そのうち交通事故被害における慰謝料は大きく分けて、後遺障害慰謝料、入通院慰謝料、死亡慰謝料に分けられます。後遺障害慰謝料は、交通事故により様々な後遺症が残った場合、日常生活に支障がでるなど精神的苦痛を伴います。このことにより、支払われる慰謝料のことをさし、等級が1~14級に分けられます。入通院慰謝料は、交通事故で入院や通院することになった際、リハビリなどや検査など、被害者の受けた苦痛に対し支払われます。最後は死亡慰謝料です。被害者がお亡くなりになった場合、遺族は計り知れない精神的苦痛を味わう事になります。ですから、被害者本人に対して支払われる慰謝料に加え、遺族に対しても慰謝料が支払われる事になります。ひとえに慰謝料請求といっても被害の状況などによって請求金額は変わってくるといえます。慰謝料を多くもらうにはどのような方法をとれば良いのかなどを解説していきます。