裁判所基準で増額

はじめに慰謝料の支払いの金額の基準として、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準に分けることができます。自賠責基準は、全ドライバーが加入しなければならない自賠責保険により、被害者を最低限救済する基準になります。ですから、慰謝料の金額は比較的低めになります。任意保険基準は、ドライバーが自賠責保険に加え任意保険に加入している場合、自賠責保険で足りない分を補償した金額になり、他の2つの基準の中間的な金額である傾向です。裁判所基準は別名弁護士基準とも呼ばれています。この裁判所基準は、過去の交通事故の判例を模しているため、実際に裁判が行われた場合相当の金額が貰えることになります。ですから、前述した2つの基準に対し高額な慰謝料基準になります。つまり、慰謝料を多くもらうには裁判所基準を用いて後遺障害慰謝料などの慰謝料を請求することが必要になってきます。しかし、知識のない被害者自身での交渉で裁判所基準を認めさせるのは難しいといえます。そこでお勧めなのが、交通事故を得意とする弁護士に相談する事です。

弁護士の選び方としては、交通事故の案件を過去に多く経験しているかなどを考慮すると良いでしょう。また、交通事故関連の著書を持つ弁護士は知識が豊富であるといえるのでお勧めです。ひとえに弁護士といっても得意分野は様々です。ですから、前述したようなポイントを考慮し選んでみましょう。