後遺障害等級の認定

後遺障害慰謝料で慰謝料を増額するポイントをまとめていきます。前述しましたが、後遺障害慰謝料は後遺症に対する慰謝料です。後遺障害慰謝料で重要になってくるのが、「症状固定」になります。症状固定とは、交通事故被害に遭い、怪我をした当時から治療を継続しても大幅な回復が予想されず、長期的に見て回復、悪化などが見られない状態をさします。症状固定と認定されると、実質治療費や入通院慰謝料などが打ち切られる事になります。その代わりとして、等級認定を受ける事により後遺障害慰謝料を受け取ることができます。この等級を適正に認められるか否かによって慰謝料の増減が決まってきます。

後遺障害等級認定の申請方法には、事前認定と被害者請求の2つの方法があります。事前認定では、保険会社が手続きを代行してくれるので便利であるといえます。被害者請求は被害者自身が書類を用意するため煩雑な点もありますが、自分が納得いく書類を用意できるというメリットがあります。また、ここで認定を受けるポイントがまとまった書類を用意できた場合、より適正な等級認定を受ける事ができるといえます。ですから、被害者請求に慣れた弁護士などに相談し、書類を準備すると良いといえます。